文字サイズ

カテゴリー

過去記事



最新記事10件

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

ブログBlog

2016年 忘年会

日々のできごと

2017.01.02

新年あけましておめでとうございます.

本年もよろしくお願い致します.

 

去る2016年12月,芦澤整形外科の忘年会が開かれました.

今回は,日々お世話になっている業者さんも一緒に楽しんで頂きました.

総勢30名,にぎやかな忘年会となりました.

季節はクリスマス.

センスが求められるツリーの飾り付けは,三浦さん&高橋さんが担当.

見事に飾り付けてくれました.

そして,ちょっとクリスマスチックなシャツでペアルックの工藤さん&石田さん.

今日も,息ピッタリです.

  

こちらは,食材準備中.安定の主婦のお母さん方(と高橋さん).

キャベツ8玉を刻んだそうです.

お料理中の先生.

今回も,美味しい手料理をたくさん頂きました.満腹でした.

 

 円卓を囲んで団らん.

 サッカーゲームで奮闘中.子ども相手でも本気の米山くん.

 工藤さんvs.女性陣??

 

 芦澤先生ご夫婦.今回もお世話になりました.

                                           (大槻)

2016年夏・歓送迎会

日々のできごと

2016.09.07

大槻です.

8月末,新しく仲間に加わった職員と残念ながら退職となる職員の歓送迎会が開かれました.

会場は,芦澤先生のご自宅.先生の手料理をごちそうになりました.

 

左は,埋橋さん.残念ながら,8月いっぱいで退職となりました.

今まで,お疲れさまでした.

右は,富島(とみしま)さん.8月より,芦澤整形外科の仲間に加わりました.

受付とリハビリ助手(物理療法)を担当してくれています.

 

 埋橋さんには,先生からプレゼントが….

 リアルすぎて,ちょっとビビッています.

 

 

ここからは,先生お手製のお料理の数々をご紹介します.

  

左から,レッドカレー,グリーンカレー,エチオピアカレー.

どれも,スパイスが効いていて,とても美味しかったです.

  

こちらも先生の作品.作り方は,「ハル子のキッチン」で検索して下さい.

※「ハル子のキッチン」は,先生のお料理を紹介したホームページです.

 

最後に…,

 芦澤先生&悦子先生,ありがとうございました.

DIY!!

日々のできごと

2016.08.24

大槻です.

日本中がリオデジャネイロ・オリンピックで盛り上がっていた,8月.

当院のDIY(Do It Yourserlf)担当・米山くんも,頑張っていました.

 棚を作っています.材料は,テーブル(!?).

物理療法室に棚が欲しいとの希望あり,余っていたテーブルをつなげて棚を作ることにしました.

電動ドリルは自前(米山家の備品)です.さすが,使い慣れています.

 完成!!! 内村選手と一緒に,記念撮影.

 現在,このように“棚”として活躍中です.

米山くん,お疲れさまでした. 写真のモデルも.

スポーツサポート サッカー研修会

研修会

2016.08.17

大槻です.

8月6日,長野赤十字病院にて,長野県理学療法士協会スポーツサポート部サッカー班の研修会が開かれました.

テーマは,

 講義: サッカー特有の動きと障害

      ~評価・治療からパフォーマンス向上まで~

 実技: 足関節のテーピング             でした.

当院からは,大槻が参加しました.今回は,テーピング実技のアシスタントを兼ねて,参加させて頂きました.

前半の講義では,サッカーを中心に,アスレティック・リハビリテーションの流れを学びました.

講師は,理学療法士であり現役トレーナーの方だったため,具体的な方法を挙げながら,実戦的なトレーニング内容などを学ぶことができました.

例えば,ボールを持っている相手からボールを取ろうとする場面,相手に素早く寄せて~止まって~相手の動きに合わせて動いて…という動きが必要になります.

この動きを分解すると,素早く寄せる→瞬発力・スピード,急に止まる→制動力,相手の動きに合わせて→切り返し・加速・減速などの要素が含まれています.

動作を分解(分析)して,必要な要素をピックアップし,その要素を単独で高め,協調的に(バランスよく)高め…という作業は,理学療法士の得意とする部分というわけです.

スポーツ復帰を目指して,当院の外来リハビリに通う患者さんにも,この考え方やトレーニング方法を活用したいと思いました.

 

高校野球 夏の大会サポート

院外での活動

2016.07.20

大槻です.

7月16日,18日と,高校野球のサポートに行ってきました.

16日は硬式野球.夏の甲子園につながる長野大会でした.

試合後,最近,肩の痛みが続いている選手と,クーリングダウン(試合後の調整)希望の選手がサポートを利用してくれました.

18日は軟式野球.こちらは北信越大会への出場校を決める大会でした.

硬式野球とはまた雰囲気が違いますが,一生懸命プレーする姿がみられました.

こちらも,試合後に数名の利用者がありました.

痛みなどの問題はないけれど,ストレッチを教えてほしいという選手もきてくれました.

サポートは一人体制だったため,少々バタバタしましたが,無事終えることができました.

テーピング研修会

研修会

2016.07.08

石田です.

近隣の病院で夏の高校野球サポートにむけて,テーピング研修会が開催されたので,参加してきました.

テーピング研修会という名前ではありましたが,内容はテーピングに限らず,

 評価表の記入の仕方や主なテスト方法

 脳震盪について

など 初めて野球サポートに行く人でも困らないように配慮された内容でした.

そして,メインのテーピング.

こちらは,なんと!!

当院のリハビリスタッフ・大槻PTが講師を担当してくれました!!

てきぱきとテーピングの巻き方を説明したり,

実技練習のときも,困っている参加者に,自分の経験を活かした巻き方のポイントを教えたり,

先輩!かっこよかったです♡♡

  

練習台になっている石田.

大槻PTの講師姿は撮り忘れ...悔しい!!

 

普段の病院で働いているだけでは,なかなか触れない分野ですし,

和気あいあいとした雰囲気で,他の施設で働く人と少し話ができたりと,

仕事終わりでしたが,やる気を奮い起こして行ったら,楽しく有意義な研修会でした.

エアロバイク・リニューアル!

日々のできごと

2016.06.30

当院では,「体操」というリハビリを行っています.

インストラクターがついて,集団で体操をするリハビリです.

そのなかでマシントレーニングも行っています.

このたび,エアロバイク(自転車)を新調しました.

  

自家発電できる高機能(?)バイクです.

「体操」に参加している皆さんには,是非これを使ってどんどんエネルギー消費して頂きたいと思います.

 

ちなみに,今までのエアロバイクは貰い手がみつかり,第二の人生を歩んでいます.

  

辰野消防署にて.     救急車両(?)の傍らでトレーニングに貢献.

                                      (大槻)

第45回 長野県理学療法学術大会 in篠ノ井

研修会

2016.06.19

大槻です.

619日,長野県理学療法学術大会が開かれました.

年に1回,長野県の理学療法士が集まり,日々の臨床経験や研究結果を発表する学会です.

当院からは,大槻が参加しました.発表者ではなく,聴衆として.

 

午前は,市民公開講座を兼ねた特別講演でした.

今回は,「理学療法士に求められているもの」と題して,山口育子さん(NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML)の講演がありました.

ささえあい医療人権センターでは,患者さんからの電話相談を受けており,その相談内容(苦情も含む)を踏まえながら,現在,医療に求められているものについてのお話を聞くことができました.

患者さんに対してのインフォームド・コンセントや個人情報・プライバシーへの配慮など,日々気を付けているつもりのことでも,もう一度振り返る必要があると考えさせられました.

午後は,演題発表でした.

長野県各地区,各病院がどのようなリハビリを行っており,どのようなリハビリに力を入れているのか,知ることができました.

当院と同じように,整形外科で外来リハビリを行っている病院のスタッフとも話をすることができました.

 

規模の小さい学会ではありますが,参加することで,現在の理学療法士が置かれている状況なども知ることができ,参加する意義はあるかなと思っています.

また,若手の参加者が多いようなので,自分自身も初心に帰りつつ,微力ながら後進育成に協力できればなとも思いました.

 

※インフォームド・コンセント…

説明と同意.医療スタッフが病状や治療方針をわかりやすく説明をした上で,患者の同意を得ること.

2016年度 職員研修会

研修会

2016.06.01

米山です.

6月1日,職員の接遇研修が行われました.

テーマは「職員も楽しい!患者さんもうれしい!心に響く瞬間の創り方」.

講師の先生をお招きし,日頃の接遇に関してみつめ直す機会となりました.

一般に“接遇”と聞くと,正しい言葉遣いや礼儀など,とても大切なことではあるものの,少し堅苦しく,ルールや規則(今回の研修では,「オペレーション」という言葉が使われました)というものに沿って行われるイメージがある様な気がします.

今回の研修では,患者さんやご家族との関わりの中で,オペレーションに縛られすぎず,時にはオペレーションを超えて,患者さんにとって最善を尽くすことも“接遇”の在り方なのだということを教わりました.

そして,その為には,私達職員も楽しく働かなくてはならないのだと,お話を頂きました.

今回の研修を受け,改めて,私達は患者さんやご家族の為に何が出来るのか,まだ出来ることがあるのではないかと常に考えること,また,その中で私達職員自身が楽しんで仕事をし,自然に笑顔で居られるような医院を目指していきたいと思いました.

  

 

★お楽しみ会★

接遇研修会終了後・・・

今回の研修テーマでもある“職員も楽しく働く”ためには,職員間の良好な関係性が大切,そのためにまずは職員同士の交流を深めよう!ということで(?),大芝高原にて,バーベキューが行われました.

お肉や魚介をはじめ,先生お手製のグリーンカレーも飛び出し,終始和やかな雰囲気で,職員同士の交流も深まったのではないでしょうか.

  

 

高校野球 大会サポート

院外での活動

2016.05.16

5月15日,高校野球の大会サポートに行ってきました.

当院からは,大槻&米山が参加しました.

会場は,諏訪湖スタジアムです.

長野県理学療法士協会では,高校野球の大会会場に理学療法士を派遣し,コンディショニング(体の調整)などを行っています.

今回は,出番はありませんでしたが,例年,投手・捕手を中心に,試合後のコンディショニング希望があり,対応しています.

痛みや違和感など,選手の訴えに対して体の状態をチェックし,適切なケアの方法,トレーニングの方法を指導させて頂きます.

また,専門的な診断が必要と思われる場合には,病院受診の必要性もアドバイスさせて頂きます.

対象がスポーツ選手であること,試合直前・直後であること,スポーツの現場であることなど,病院でのリハビリ場面とは違った経験ができ,勉強になります.

次は,夏の大会です.

(都合により,写真はありませんが,ご容赦下さい)