文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

整形外科疾患を簡単に説明するコーナーです。
まだ作成途中ですが、次第に増やしてゆく予定です。
知りたい部分を右のカテゴリーから選んでいろいろな疾患を知ることができます。

全身疾患

関節リウマチ

部位:全身疾患   

当院は関節リウマチの診断、治療に力を入れています。

「朝どうも手がこわばる」「体のあちこちの関節が痛い」などの症状が続く場合、それはリウマチかもしれません。リウマチは放置すると手足ばかりでなく、脊椎、肺、心臓などの疾患を引き起こしたり骨粗鬆症の原因になったりします。

診断は、血液検査、超音波診断装置、MRI、レントゲン、などにより関節炎の有無を確認することで行います。

しかし、逆に関節の痛みがあり、リウマチ反応が出たというだけで即リウマチです。というわけではありません。リウマチ反応が強くてもリウマチでない場合はいくらでもあるのです。

リウマチの治療には、副作用の危険が伴いますからリウマチでないのにリウマチの薬を飲み続けるのは良いことではありません。

リウマチかどうかを早期に正しく診断し、治療の必要性を決定することが大変重要であるといえます。

詳しく読む

骨粗鬆症

部位:全身疾患   

骨粗鬆症は、知らないうちに骨が弱くなり骨折しやすくなる疾患です。

「年をとったら骨が弱くなるのは当たり前、仕方ないこと」なんて思っていませんか?

たとえば大腿骨が骨折すると、折れていない人に比べて死亡率は7倍増加し、骨折後1年以内に10人に一人はお亡くなりになると言われています。「仕方ないこと」なんて言っていられませんよね。

幸い今は骨粗鬆症を治療できる時代になりました。

当院は、その人にあったオーダーメイドの骨粗鬆症薬を選び治療しています。薬剤では効果の出にくい方には、運動療法を行える環境を整えています。

詳しく読む

線維筋痛症

部位:全身疾患   

症状

体各部の痛み、倦怠感、こわばりなど主要症状とする疾患ですが、診断の決め手となる特徴的な症状に乏しい疾患です。

痛みの部分は、項部、首筋、肩甲部、腰部、肘、膝など広く分布しますが、腫れ、発赤、熱感などの炎症所見は伴いません。四肢のしびれの訴えもよく聞かれますが、神経学的検査にて異常値を示すことはありません。頭痛は約半数の患者に認められます。

抑うつや不安感をともなう場合が多く、睡眠障害、過敏性腸症候群、食欲不振、疲労感などもみられるため心因反応を含む多くの要素が絡む可能性があるといわれています。

詳しく読む

痛風(高尿酸血症)

部位:全身疾患   

「風が吹いても痛い」と書いて痛風です。

痛風は本来おしっこから捨てなければならない尿酸という物質が体内に多くたまってしまう「高尿酸血症」がもとで発生します。

詳しく読む