文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

石灰沈着性腱板炎

部位:肩   

症状

肩の激痛を生じる疾患です。

肩を動かすときはもちろん、夜間の痛みが強く睡眠が妨げられます。

通常の五十肩よりも症状が強く、首筋の痛みや手のしびれを感じることもあります。

中年の女性に多い傾向がありますが、男性にも発症します。

原因と病態

肩を動かす腱板というスジにリン酸カルシウムが沈着することにより炎症が引き起こされて痛みを生じます。

石灰の量が増えると腱板が一部破れさらに痛みを増すことがあります。(腱板断裂

診断

レントゲンにて石灰の沈着が確認できれば診断は容易ですが、レントゲンには石灰がうつらないこともあります。

当院では、超音波診断装置を用いて石灰の有無を確認することがあります。

また、痛みの程度や治療効果の有無によってはMRIを撮影することがあります。

治療

当院の治療方法を紹介します。

急性期はとにかく痛みが強いので、安静にして炎症を抑える薬を飲み、肩にステロイド剤を注射します。

痛みが軽減してきたら今度は積極的に動かすリハビリをしていきます。

石灰は当初はミルク状ですので、治療に抵抗性の場合は石灰をエコーガイド下に吸引してしまいます。慢性期には石灰が硬化することもあります。その際は生理食塩水で石灰部分を溶かしつつ吸引します。

石灰の再発を抑えるために、ガスターやタガメットなどの胃薬やダイドロネル(骨粗鬆症治療薬)が有効な場合があります。繰り返す石灰にはこれらの薬を利用する場合もあります。

腱板に断裂を伴うと手術が必要になる場合があります。