文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

腰痛症

部位:腰   

症状

文字どおり腰が痛む疾患です。

朝起きるときに痛くなる「朝の腰痛」、夕方になるに従い痛みが強くなる「疲労性腰痛」、中腰などで痛みを生じる腰痛、寝ていても痛い腰痛などシチュエーションは様々ですが、症状としては腰の痛みです。

原因と病態

椎間板ヘルニアや分離症など原因の特定できる腰痛はわずかで、ほとんどは原因が特定できません。

一説には、ヘルニアなどの原因が特定できる場合は腰痛全体の15%で、それ以外の85%は原因のはっきりしない非特異的腰痛といわれるものだということです。

原因のはっきりしないものの中には、使い過ぎによる疲労性の腰痛や、腰椎の柔軟性が失われて動作時に痛くなるもの、腰の筋肉を包んでいる筋膜の炎症や心因性の腰痛が含まれます。

診断

下肢症状の有無は診断に重要な意味を持ちます。

下肢のしびれ、痛み、だるさ、脱力などがある場合は、単なる腰痛ではないことがあります。レントゲン、CTMRIなどが原因をはっきりさせることに役立ちます。

当院では、まずレントゲン、下肢症状がある場合はMRI、学生さんでスポーツを行っている場合はCTを行っています。

下肢症状がある中年以降の方や喫煙量が多い方のなかには、下肢の血管が詰まりそうになっている場合がありますので、血流検査を行っています。

この検査で、実際下肢の動脈閉塞がみつかり手術になった方がたくさんいらっしゃいます。

検査の結果、腰痛の原因になる異常が見つかった場合は、腰痛症とは呼ばず原因疾患の名称をつけます。

例)腰痛と左下肢痛があり検査で椎間板ヘルニアが見つかった場合は、「腰痛症」とは呼ばず「椎間板ヘルニア」と呼びます。

治療

腰痛症の治療は、コルセット、消炎鎮痛剤、湿布、トリガーポイント注射、温熱療法、物療、理学療法、腰痛体操を行っています。

ブロック注射は、原因のわかっている場合に行いますが、原因がはっきりしない場合にはあまり行っていません。

頑固な症状の場合には、抗うつ薬、抗不安薬、てんかんの薬が効果を示す合があります。

それでも痛みが続く場合、理学療法を行っておりかなり効果が期待できます。

肥満が原因と思われる場合は、減量を目的にしたダイエットエクササイズを実施しています。インストラクターがついて、運動を指導してくれます。