文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

腰椎椎間板ヘルニア

部位:腰   

症状

おそらくもっとも有名な腰の疾患です。

有名な割には正しく理解されておらず、腰がとても痛くなる病気と認識している方がほとんどです。

確かに腰痛を伴ってもよいのですが、主症状は左右片側の臀部から下肢にかけての痛みです。まれに両下肢の症状であったり、あまり下肢の症状がはっきりしなかったりする場合もあります。しかし、下肢症状が全くなく、腰痛だけの場合は一般的にはヘルニアとは呼びません。

 

原因と病態

腰椎の間でクッションの役目をしている椎間板がつぶれてはみ出して神経に当たることによって生じます。椎間板の近くにある神経は足に向かう神経の為、この神経がヘルニアで圧迫されると臀部から下肢への放散痛を生じるのです。

診断

診察により、8割がた確証が持てます。

レントゲンやCTでの診断は困難で、MRIが絶大な威力を発揮します。

当院では、診察の結果ヘルニアが疑われる場合積極的にMRIを行い、ヘルニアの有無、場所、大きさ、神経との位置関係を確認します。場合によっては、ヘルニアが溶けて消滅しそうなのかどうかがわかります。

治療

症状が軽い場合は、消炎鎮痛剤、物療、理学療法を行います。

中程度の痛み以上の場合は、ブロック注射を行っています。ブロック注射とはヘルニアが圧迫している神経の周りに治療薬を流し込む治療です。

1回のブロックがあまり効果なくても、繰り返すうちに効いてくる場合があります。