文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

手根管症候群

部位:手   

症状

手指のしびれ、痛みを生じる疾患です。

基本的に小指や腕には症状がありませんが、患者さんの中には腕全体がしびれるといって受診される方もいらっしゃいます。

朝方に症状は強くなることがあり、手を振ったりグーパーを繰り返したりすることで幾分症状は和らぎます。細かいものが摘みにくくなり、床に落ちた針やクリップを拾えなくなります。

 

原因と病態

手のひらを通る正中神経が、横手根靭帯に圧迫を受けたことにより発症します。

様々なことがきっかけになります。妊娠、出産、手首の骨折、人工透析、農業やスポーツなどによる手の使い過ぎなどいろいろです。

診断

母指の付け根の筋肉が痩せてへこみます。

小指には通常症状がなく、薬指の半分から母指にかけて感覚障害があります。

指でOKサインを作ろうとしてもきれいな〇を作れません。

チネル徴候 正中神経が通過する手首の部分を打腱器でたたくと中指や人差し指に放散痛を生じます。

ファーレンテスト 手首を手の平側に強く曲げてしばらくすると指のしびれが強くなります。

上記のような所見の他、当院では超音波診断装置、MRIを使用して診断しています。

特に超音波診断装置は簡便です。正中神経の状態が手に取るようにわかります。

治療

ビタミン剤やリリカ、ステロイド、消炎鎮痛剤などの投薬を行うこともありますが、当院では神経ブロック注射をおすすめしています。多くの方で良い効果が得られます。

ブロックにても効果がないか、症状の再発を繰り返す方には手術をおすすめしています。

15分くらいの手術でもちろん入院は不要です。