文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

変形性膝関節症

部位:膝   

症状

中年以降の方の膝が痛くなる疾患です。
女性に多い傾向があります。
日本人の場合は、膝の内側に痛みを生じることが多く、痛みが強くなるのは、床から立ち上がる時、歩き始めの数歩、階段を降りるときに顕著です。関節に水が溜まることもあります。
進行すると、歩行時や安静時にも痛みを生じるようになり次第にO脚になることが多いです。

原因

関節の軟骨が減ることが原因ですが、軟骨が減るのは、使い過ぎ、肥満、過去のけが、過去の感染、遺伝的な要素など様々です。
当院に来院する方の原因で多いのは、農作業、スポーツ、肥満です。

診断

レントゲンで軟骨の摩耗や、O脚が確認されればほぼ診断は確定です。
MRIまで必要になる場合は少ないです。
この疾患と併存して、骨挫傷(骨の中の微細な損傷)が存在する場合があります。この場合は、痛みが強く診断にはMRIが必要です。膝の骨挫傷は変形性膝関節症の進行の原因になると考えられるため骨挫傷があれば落ち着くまで、杖や松葉杖の使用をおすすめしています。

治療

残念ながら減ってしまった軟骨は取り戻せません。歯や髪の毛と同じです。
今以上減らないようにするのが肝心です。
そのために、使い過ぎの方は膝の負担を減らしてください。
肥満がある方は体重を減らしましょう。当院ではダイエットを無理なく行うようにお手伝いをしています。
下肢の筋力を鍛えて、膝の関節の負担を減らします。当院では下肢の筋力体操教室や運動器リハビリを積極的に行っています。
薬剤としては、骨粗鬆症があればその治療。痛み止めは必要に応じて使用し、ヒアルロン酸の注射も必要に応じて行っています。
この疾患が初期のうちは、膝を守るサポーター、外側足底板が有効な場合もあります。
しかし、とことん進行した場合は人工関節手術です。成績が大変良い手術で、耐久性も近年向上しています。手術の場合は、お近くの病院をご紹介しています。