文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

変形性肩関節症

部位:肩   

症状

じっとしていれば痛くありませんが、肩を一定の方向に動かすと痛みを生じます。

動かすとゴリゴリと関節が擦れ合う音や振動を感じることがあります。

肩を動かせる範囲が健康な肩より狭くなります。

原因と病態

肩関節が滑らかに動くように関節の表面を覆っている軟骨がすり減ることにより生じます。

軟骨がすり減った状態を「変形性関節症」といい、膝や股関節に多く見られます。

膝や股関節に比べると肩の変形性関節症は頻度が少ないですが、これは膝、股関節のように体重がかかることが肩には少ないので、軟骨のすり減りが少ないからです。

軟骨が磨り減る原因として、肩に負担のかかるスポーツや労働、過去の骨折、上腕骨頭壊死、腱板断裂、リウマチ、膠原病などがあります。

診断

レントゲンで診断ができます。関節の隙間が狭くなっていれば軟骨がすり減っているということですし、骨頭の形が変形していれば骨まですり減ってきているということです。

当院では更に、腱板損傷の有無、膠原病の存在などを検査する場合があります。

治療

すり減った軟骨や骨は元には戻らないので、今以上にすり減らさないために肩の使いすぎを避けるようにします。

痛みが強い時には痛み止めを内服し、湿布を使用します。

当院では、軟骨のすり減りを抑える目的でヒアルロン酸の注射の注入を行っています。

また、温熱療法や電気刺激療法などで痛みを緩和し、関節可動域訓練、肩のストレッチ、筋力強化訓練などを行なうこともあります。

痛みが強く、長く継続する場合には人工関節置換術が行われることがありますが、この疾患に対しての人工関節手術は日本では稀だとおもわれます。