文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

腰椎辷り症

部位:腰   

症状

腰の骨の並びがずれてくる疾患です。

腰の痛みが主症状ですが、進行してくると下肢のしびれや痛みを伴うようになります。

寝ていれば楽ですが、立っていたり、重いものを持ったり、中腰を続けると腰痛を生じます。

原因と病態

腰椎分離症がもともとあり、次第にズレを生じる場合と、分離症がないのにずれてくる場合があります。

分離症は若い頃のスポーツや重労働が原因で腰椎に疲労骨折を生じたものです。中年以降体幹の筋力が低下して腰を支えられなくなりズレてきたり、メタボになってお腹が出てくるとお腹が腰の骨を前方に引っ張るためズレて来たりします。

分離がなくても筋力低下や肥満、骨粗鬆症が原因でズレてきます。

ズレを生じた部分で、神経に骨や軟骨があたったりすると下肢のしびれや痛みを生じます。

診断

腰の骨のズレはレントゲンで十分診断がつきます。

当院の場合、下肢のしびれや痛みなど神経の症状がある場合は、MRIを撮影し、分離症が疑われる場合は、CTを撮影しています。

治療

体幹筋力が低下している場合は、腹筋、背筋、インナーマッスルをトレーニングします。当院の体操教室でインストラクターと一緒に筋力を強化しましょう。

骨粗鬆症がある場合は、骨粗鬆症の原因別に治療を行っています。

肥満の場合は、体操教室のダイエットコースに参加していただきます。

その他、コルセットの装着や物療、薬剤、ブロック等による治療を行っています。