文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

舟状骨骨折

部位:手   

骨折を見つけにくく、治りにくく、整形外科医が最も恐れる骨折です。

症状

スポーツなどで転倒して手をついてから、手首の親指側に痛みや腫れを生じる外傷です。

初期には腫れと痛みがありますが、放置していてもいったんは良くなることが多いですが、次第に偽関節(骨折がつかないままになった状態)の痛みを生じてきます。すなわち慢性的に手首の痛みを感じ、特に手首に力がはいる際に痛みが強くなります。

 

原因と病態

手首の部分には敷石みたいな8個の手根骨という骨があります。

当然それぞれには名前がついています。そのうち手首の親指側にある手根骨を舟状骨といいますが、手をついて転んだりすると強い力がかかり骨折することがあります。

舟状骨は遠位から近位に向かって血流がありますが、その途中で骨折すると骨内の血流が傷害されやすく骨折の治りが悪いことで有名です。しかも骨が小さいうえに複雑な形をしており骨折が非常に見つけにくく、くっつきにくいので整形外科医が最も恐れる骨折の一つです。

 

診断

普通のレントゲンで見つかる場合もありますがわからないことのほうが多いです。

舟状骨の骨折を疑い舟状骨用のレントゲンを撮る必要があります。それでもわからないことがありますので、長引く痛みの場合は、CTMRIを行います。

 

治療

舟状骨は骨折の部位により、治りやすさが異なります。

比較的治りの良い部位で、しかも骨折のズレがなければギプスで治療しますが、通常の骨折よりギプス期間が長く親指までギプスを巻きますのでかなり不自由です。

骨折がすでに偽関節になっている場合やつきにくい部位の骨折、長期間のギプスで社会的損失が大きい場合は手術が選択されます。

手術は、この骨折専用のスクリューで固定します。