文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

胸椎後縦靭帯骨化症・黄色靭帯骨化症

部位:胸・背中   

いずれも胸椎の靭帯が骨化して(骨でない組織が骨になってしまうこと)脊髄神経を圧迫するようになる疾患です。厚生労働省が定める難病(特定疾患)に指定されています。

症状

背部のハリ感、痛みの他に、体幹部から下肢にかけての神経症状を生じてきます。

体幹から下肢のしびれが初期に現れ、進行すると歩行時のフラつきを自覚するようになります。階段を降りるときに手すりが必要になることもあります。

通常胸椎の骨化症単独では上肢の症状は出現しませんが、靭帯骨化症は頚椎に発生することが最も多く合併すると上肢のしびれや指の動かしにくさ、首の動かしにくさを生じてきます。

症状はゆっくりと進行しますが、転倒や交通事故などの外傷で一気に進行し両下肢麻痺になることがあるため日常生活には注意が必要です。

原因と病態

脊髄の前方にある後縦靭帯が骨化するのが後縦靭帯骨化症で、脊髄の後方にある黄色靭帯(実際に黄色いです)が国家するものを黄色靭帯骨化症といいます。(そのまんまです)

症状は骨化した部分が脊髄を圧迫することにより生じます。

骨化を生じる理由ははっきりとわかっていませんが、遺伝的要因が強い疾患です。

日本人に圧倒的に多いことでも知られています。

軽度の糖尿病を合併することが多いのも特徴です。

また、後縦靭帯骨化症は頚椎に多く、黄色靭帯骨化症は胸椎に多く発生します。

診断

レントゲンで存在を疑い、CTで確定します。

その後、MRIで脊髄の圧迫の程度を調べます。神経症状が強い場合は、最初からMRIでも良いのですが、MRIの場合は靭帯骨化症なのかヘルニアなのか鑑別に悩む場合もあります。

治療

難病に指定されるくらいですので、治療はなかなか難しいです。

骨化を抑制するダイドロネルという内服薬が使われたこともありますが、現在はあまり一般的ではありません。対症療法として鎮痛剤や湿布を処方することはありますが、骨化の進行を防ぐことは困難です。

外傷や強い刺激で骨化が進行すると言われていますので、ケガにはくれぐれも注意しなければなりませんが、この病気はそもそも転倒しやすくなる疾患ですのでかなりの注意が必要です。

神経症状が進行し、歩行障害や排尿障害を生じて来るときは手術が選択されることがあります。胸椎後縦靭帯骨化症の手術は整形外科手術の中でも、最も高度な技術が要求される手術の一つです。