文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

頚椎硬膜外血腫

部位:首   

症状

誘因なく突然項部痛、背部痛を生じます。

上肢の痛み、ないしはしびれ、麻痺を生じることがあります。

さらに症状が進行して下肢麻痺による歩行困難になる場合もあります。

原因と病態

原因がはっきりしない場合が多いです。

高血圧症や出血しやすい病気のある方では、それらが原因になることがありますがかなり頻度の少ない疾患ですのでわかっていないことが多いです。

診断

手足にしびれや麻痺を生じている場合、通常は脳のCTやMRIがまず行われますが、強い頚部痛を伴っている場合はこの疾患を疑い頚椎のMRIを行います。

MRIでは、頚髄の側方や後方に脊髄を圧迫する血の塊(血腫)が見られます。

治療

進行性の麻痺を生じてきている場合は、緊急手術が必要になります。

対応が遅れると思い後遺症を生じる場合があります。

血腫が小さく、症状が軽い場合は手術を行わず治癒することもあります。