文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

頚椎症性頚髄症

部位:首   

症状

ボタンのはめ外し、お箸の使用、字を書くことなどが不器用になったり(巧緻運動障害)、歩行で脚がもつれるような感じや階段で手すりを持つようになったり(下肢不安定性)という症状が出ます。手足のしびれも出てきます。

後頚部のコリ、痛みを生じたり、便秘になったりすることがあります。

原因と病態

頚椎症とは首の脊椎の形が加齢により変形してくることです。

年をとると腰が曲がったり、膝がO脚になったりするのと同様です。

変形した首の骨や軟骨の一部が、脊髄(この場合は頚髄)に食い込み不都合な神経症状を引き起こした場合を頚椎症性頚髄症、あるいは単に頚髄症といいます。

したがって頚椎症とは骨の病気、頚髄症とは神経の病気ということになります。

診断

先の症状があればこの疾患を疑います。

①上下肢の腱反射が更新していること、②レントゲンで頚椎の変形があること、③MRIで頚髄に圧迫があるとで診断できます。

治療

 

症状が著しい場合は手術が行われます。

頚髄の手術はリスクもありますので、できるだけ機能回復と維持に努めます。

この疾患はつまずきやすくなりますが、転倒などのケガで症状が一気に悪化する場合(頸髄損傷)がありますので注意が必要です。

基本的にあまり有効なお薬はありません。