文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

頚椎神経根症

部位:首   

症状

頚椎のヘルニアと症状が似ており、項部から肩、上肢、手の痛みやしびれを生じます。

罹患側の筋力低下や感覚低下を生じることもあります。

頚部を後ろに反らせると肩甲部や肩に痛みが走ります。

中年以降の方に多く、通常症状は一側性です。

原因と病態

神経根とは頚髄から分かれて手や背部に向かう細い神経のことです。

この神経が、加齢により変形した背骨の一部に当たるようになったものをいいます。

特に椎間孔という神経根が通る穴が狭くなることが多く、頚椎を反らせるとこの穴が小さくなるため痛みが強くなります。

ヘルニアと異なり下肢の筋力低下や排尿障害を生じることはありません。

診断

レントゲンの斜位像で椎間孔が狭くなっていないか確認します。

MRIにて神経根の圧迫の有無を診断することもできます。

神経の圧迫がMRIで見られない場合、同様の症状を呈する胸郭出口症候群であることがあります。若くて痩せたなで肩の女性や、体格の良い男性にみられますので注意が必要です。

治療

基本的にヘルニアの時と同様です。

内服や湿布、神経ブロック、理学療法、物療を行います。

内服薬では神経障害性疼痛に使用するリリカが良い適応です。

就寝中に枕が低いか、寝相が悪く頭が低いまま一晩過ごしたことにより発症することもあります。枕を少し高めで大きなものにするのも有効です。