文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

頚椎椎間板ヘルニア

部位:首   

症状

首の骨のクッションの役割をしている椎間板(軟骨でできています)が、潰れてはみ出し神経にあたり圧迫することで症状が生じます。

手の神経にあたると頚部から肩、肩甲部、腕、手にかけての痛み、しびれを生じます。

罹患部分の筋力低下や感覚低下を生じることがあります。

足の神経にあたると下肢のしびれやふらつきを生じます。

原因と病態

スキーの転倒や交通事故などの外傷でヘルニアになることがあります。

外傷がなくても頚椎椎間板は絶えず頭の重さというストレスにさらされていますので、次第に椎間板が潰れてはみ出して来てしまうこともあります。

診断

治療

消炎鎮痛剤、湿布を使用し、更に痛みの強い場合にはブロック注射を行っています。

症状に応じて、頚椎固定用の装具を使用したり、牽引を行ったりすることがあります。

四肢の筋力低下や尿が出しにくくなる場合は手術が必要になります。