文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

肘部管症候群

部位:肘   

症状

手のしびれを生じる疾患です。

主に小指が痺れますが、薬指や前腕がしびれることもあります。

肘の内側に痛みをともなうこともあります。

進行すると指開閉が十分できなくなり、顔を洗うときに指間から水がこぼれたり、小指と薬指がまっすぐに伸びなくなったりします。

親指と人差指の間の筋肉が痩せこけてくるのも特徴です。

通常は一側性ですが、まれに両側が罹患することもあります。

原因と病態

肘の内側を通過する尺骨神経が何らかの原因で圧迫を受けることによります。

主な原因としては、

肘内側に発生したガングリオンなどの腫瘍、

加齢により関節が変形し骨の一部が神経を圧迫するようになったもの

過去の肘周囲の骨折が原因で生じた外反肘

スポーツや重労働(野球の投球などの際に痛みやしびれを生じる場合があります)

などがあります。

診断

肘内側の神経走行部分を叩くと小指に放散痛を生じる(Tinel's sign)

小指と薬指がまっすぐにのびない状態(intrinsic minus position)(claw finger)

第一背側骨間筋の萎縮

紙を引っ張ると親指が立つ(Froment's sign)

小指と薬指半分の感覚低下

以上の臨床所見に加え、レントゲンで肘関節の変形を確認します。これは若い方ではない場合が多いです。

当院では超音波診断装置で神経の走行を確認します。神経の潰れや腫れが見られたり、ガングリオンなどの腫瘍や骨棘による神経の圧迫が見られたりします。

似たような症状を呈すギヨン管症候群がありますので注意が必要です。

治療

肘の安静を心がけ、投薬、ブロック注射、などで治療を行います。

運動療法や超音波治療器による物療も有効です。

症状の改善が見られない場合は、手術が必要になる場合もあります。