文字サイズ

疾患カテゴリー

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

各種疾患情報Disease infomation

変形性肘関節症

部位:肘   

症状

肘の痛みを生じる疾患ですが、肘が全く痛くなくて曲がりや伸びが悪いという場合もあります。肘がまっすぐに伸びなくなったり、指先が同側の肩に届かなくなったりしている場合はこの疾患の事があります。

中年以降の男性に多く見られます。

肘内側で骨の一部が尺骨神経にあたり手のしびれを生じる肘部管症候群の原因になります。

原因と病態

スポーツや労働で使いすぎが続くと、膝関節と同様に肘の関節の軟骨が磨り減ったり、骨が変形したりして痛みを生じたり、動きにくくなったりするものです。

過去の骨折や野球肘(外側型)が原因になり発症する場合もあります。

削れた関節軟骨や骨が関節内をさまよっているものを遊離体といいますが、この遊離体が関節の隙間に引っかかり激しい痛みを生じる場合(ロッキング)もあります。

診断

レントゲンで関節の変形が見られれば確定診断となります。

関節の前方に変形があると肘の曲がりが悪くなり、後方に変形があると伸びが悪くなります。内側の変形は肘部管症候群を引き起こし、外側の変形は過去の野球肘の名残であったりします。

①②の骨棘は肘を曲げるのに邪魔になります。曲がりにくくなります。
③の骨棘は肘を伸ばすのに邪魔です。飲みにくくなります。
遊離体がレントゲンやCTで見つかることもあります。
上の3D-CT画像では、肘関節に挟まっている遊離体が見えます。

 治療

痛みが主症状の場合は、消炎鎮痛薬、湿布を使用して過度の使用を避けるようにします。

関節内への注射や物療が有効です。

当院では周囲の筋肉を鍛えて骨の負担を減らし、使い方を工夫するなどのリハビリも行っています。

口に手が届かなかったり、排便後の始末ができなくなったり場合は、手術が必要である場合もあります。しかし、この疾患は徐々に進行するため患者さんは、不自由さに慣れてそれなりの使い方を身につけるため手術まで必要になることは少ないです。