文字サイズ

ページ内コンテンツ

初めて受信される方へ Youtube閲覧

診療カレンダー

MRIMRI

MRIとは

MRI MRI

磁力の力を利用して体の中を検査する機械です。
CTは同様に体の中を見ることができますが、こちらは放射線を利用して映しだすものです。
このふたつはどちらが優れているというものではなく、用途が異なるものと理解してください。
整形外科の分野に関しては、CTが有用な場合もおおくありますが、MRIの方が総じて有効性は高いです。
当院のMRIはコンパクトなもので、学術研究には向きませんが一般整形疾患の検査には十分な性能を有しています。
また、一般のMRIではチクワのように長くて狭い穴に体を入れて撮影しますが、当院のMRIはオープンタイプと呼ばれ筒状の穴ではありませんので圧迫感が少なく、狭いところが苦手な方(お気持ちはよくわかります)や、お子様にもご利用いただいております。

次にMRIが能力を発揮する疾患について説明します。
レントゲンではわからない、脊椎疾患、関節疾患、筋肉内疾患、腫瘍性疾患が特に得意分野です。

実際のMRIの画像

実際に当院で撮影した患者さんのMRIを見てみましょう

腰椎椎間板ヘルニア

MRI

腰の部分を撮影したものです。
右臀部から大腿部、ふくらはぎにかけての強い痛みで来院された方です。
白っぽい部分が坐骨神経の元である馬尾神経になります。
この部分にコブのように張り出したヘルニアが食い込んでいます。
これは、椎間板ヘルニアです。大変痛そうです。


腰部脊柱管狭窄症

MRI

同じく腰のMRIです。
両下肢のしびれとだるさ、少し歩くと休みたくなるという主訴で受診しました。
ヘルニアは存在しませんが、馬尾神経が強く圧迫を受けています。
これは腰部脊柱管狭窄症です。


頚髄腫瘍

MRI

頚椎を側面から見ている写真です。
頚椎の水平断面です。
右手のしびれで受診した方です。
矢印の部分にコブが写っています。
頚椎の右に発生した神経鞘腫という腫瘍です。
神経の腫瘍で良性なのですが次第に大きくなり痛み、しびれなどの症状が現れました。
この方は当院から紹介し大学病院で手術を受けられました。


胸髄腫瘍

MRI

胸椎のMRIです。
両足のフラつき、しびれで受診した方です。
胸髄神経に発生した髄膜腫でした。


環軸椎亜脱臼

MRI

頚椎を側面から見ている写真です。
手足のしびれで受診した方です。
頚椎の亜脱臼を生じ、矢印の部分で頚髄が強く圧迫を受けています。
大変危険な状態です。


円板状半月板

MRI MRI

左膝を正面から見ています。
左のMRIは正常の成人の膝です。
右は小児の左膝MRIですが、矢印の部分の半月板(膝のクッション)がかなり大きくみえます。これは円板状半月板という先天的な異常です。


膝の骨挫傷

MRI

膝の正面から見たMRIです。
転倒してから膝の痛みが強くなり歩行困難で受診しました。レントゲンでは問題がなかったのですが、MRIでは膝の内側の部分の骨の中に出血しているのが見えます。骨挫傷または不全骨折と言われる状態です。


このようにMRIは大変有益な情報をもたらしてくれます。
いずれもレントゲンやCTでは診断が困難です。
体の内部がどのような状態になっているのかを、知っていて治療するのと、知らないで治療するのでは、治療を受ける側も治療を行う側もまるで意識が変わってきます。
当院では、患者さんの「症状が長引いている」「いつもよりかなり辛い」「変な病気があるんじゃないのか」という不安に対して積極的にMRI検査を行っています。
しかし、MRI検査ができない方も残念ながらいらっしゃいます。

MRIを受けられない方

  • • 心臓にペースメーカーを入れている方(たとえペースメーカーを停止させたとしても撮影ができません)。最近はMRI対応のペースメーカーもあります。
  • • 磁石にくっつくような金属を体に入れている方。最近の骨折に使用する金属、心臓や脳、大血管のステントは大丈夫です。
  • • 刺青のある方。ほとんどは大丈夫ですが、金属を混ぜた色を使っている場合は火傷の原因になる場合があります。
  • • 妊婦さんには慎重に対応しています。
  • • 閉所恐怖症の方。当院では、今までほとんどの閉所恐怖症の方が撮影出来ています。
  • • 入れ歯は外していただくことがあります。
  • • 極度に腰が曲がっている場合。仰向けでMRIに入りますが、腰が極度に曲がっていると途中でつかえてしまう場合があります。

MRIの料金

MRIを行うための医療費は厚生労働省により決められています。
当院のMRIの場合、造影剤を使用しない場合、撮影料と画像診断料とで1割負担の方が1,500円前後、2割の方は3,000円前後、3割の方は4,500円前後かかります。
厚生労働省が、2年毎に医療費を変更する場合がありますので、昨年と今年で医療費が異なるという場合があります。
また、上記の他に初診料や再診料、処方箋を発行した場合や、その他の検査をした場合は別途医療費が掛かります。

MRIの予約

MRI

受診した際に医師から検査を勧められた場合は、その時のMRIの予約状況と患者さんのご都合により検査を予約いたします。
症状が強く緊急の場合は、なるべくその日に撮影ができるようにしています。
他院にてMRIの撮影を勧められた場合など、最初からMRIがご希望の場合は、その旨ご連絡いただければお電話にて予約をお取りすることができます。